FC2ブログ

医療のあり方って、とても繊細で難しい問題。

医療に携わる者にとっては、

可能性があればできる限りの治療をするのが

スタンダードだけど、

それが必ずしも患者が望むものではない場合

どうするのか。

プロフェッショナルである医師に従うのか

それとも自分の好きなように選択できるのか。



私が患者であれば

無理な治療をして辛い思いをするなら

命を縮めることになっても

穏やかに残りの人生を送りたいと思うし、

人生の終わらせ方を自分で決める

尊厳が欲しいとは思う。

でも医療ではそれが難しい部分もあるのが現実。


どう死ぬかは、どう生きるかを決めること。



将来、人生の終末が見えた時どうするか、

いろいろ考えるきっかけになった。






スポンサーサイト



『流浪の月』 凪良ゆう

『メジャーをかなえた雄星ノート』 菊池雄星

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)